平成25年 2回目 線路 設備 過去問 解答・解説

■個人成績
所要時間:68min
成績:67%

勉強の履歴と調べて分かった限りの解説メモ
<参考サイト>
有志が作る電気通信主任技術者過去問解説
http://seesaawiki.jp/w/denkitsuushin/

問1
[GE-PONシステムの概要]
(ア)16、イーサネットフレーム
(イ)1、1.31μm
(ウ)4、ブロードキャスト
(エ)14、DBA
[アクセス系メタリックケーブルの種類と特徴]
(オ)4 →「PE」と「PVC」の説明が逆
[アクセス系光ファイバケーブルの構造と機能]
(カ)2、B
  A:誤 →0.5mmの心線は0.25mmと同様の接続用部材が使用可能
  B:正
  C:誤 →ドロップ光ファイバケーブルにもテンションメンバが内蔵されている
[光コネクタの種類と特徴]
(キ)4
  1:誤 →FC:ねじ締結形
  2:誤 →SC:プッシュプル形
  3:誤 →MT:専用の着脱用工具を必要とする
  4:正
[光合分波器又は光方向性結合器の種類と特徴]
(ク)1
  1:正
  2:誤 →「電気光学効果」ではなく「多光束の干渉」を利用
  3:誤 →「屈折率の高低の繰り返し」ではなく「屈折率の周期的な変化」を設ける
  4:誤 →「ブラッグ反射」ではなく「モード結合」を利用する


問2
[光海底ケーブルの構造]
(ア)5、0.7~1.0[Ω]
(イ)15、ポリエチレン
(ウ)11、水中重量
(エ)2、モジュラス
[電線共同溝の概要]
(オ)3
  1:誤 →「情報BOX」ではなく「ケーブルBOX」と呼ばれる
  2:誤 →「裏配線方式」は電線共同溝の方式ではない
  3:正
  4:誤 →道路管理用ケーブルなど行政用のケーブルも収容できる
[電線共同溝への参画]
(カ)4、AB
  A:正
  B:正
  C:誤 →新規事業者も占用の許可を受けることが可能
[電線類の地中化」
(キ)2 →C.C.BOXは電線共同溝のため誤り
[無電柱化に伴う材料費、敷設費などの工事費の費用負担]
(ク)2 →管路設備の材料費「及び敷設費」を自治体で負担、その他電線等の敷設は電線管理者で負担


問3
[光パルス試験器(OTDR)の機能と特徴]
(ア)10、フレネル反射
(イ)3、相加平均
(ウ)1、1
(エ)7、ピーク
[雷サージ、雷害対策]
(オ)4 →保安用設置・電源用設置及び通信用設置は「共通設置とする」必要がある
[誘導対策、設置対策]
(カ)1、A
  A:正
  B:誤 →「電磁遮断」ではなく「静電遮断」
  C:誤 →「インピーダンス上昇による遮断」ではなく「短絡による分流」
[光ファイバの試験、保守方法]
(キ)4
  1:誤 →「大きい方を採用」ではなく「平均」する
  2:誤 →「2倍」ではなく「10倍」破断確率が上がる
  3:誤 →「球面状」ではなく「平滑な端面」に成形する
  4:正
[GE-PONシステムにおける光アクセス回線の保守作業]
(ク)3
  1:誤 →8分岐なので「3dB」ではなく「10dBくらい」
  2:誤 →中で分岐しているので個別に故障箇所を見分けることは難しい?
  3:正
  4:誤 →「ユーザ側のONUと端末装置との間」ではなく「設備センタ側のONUの手前」、また組み込むのは「利用する波長を透過」ではなく「テスト波長を遮断」する光フィルタ


問4
[労働安全衛生に関する法令に基づく安全作業、有資格者配置]
(ア)10、5トン
(イ)14、玉掛け技能講習を修了した者
(ウ)9、高さが2[m]以上10[m]未満
(エ)2、10[ppm]
[故障曲線の特徴]
(オ)4
  1:誤 →拡張性とは無関係
  2:誤 →バスタブ曲線は「修理系」ではなく「非修理系」アイテム向け
  3:誤 →エージングは使用開始後には行わない
  4:正
  5:後 →「故障寿命」ではなく「耐用寿命」
[信頼性の評価指標]
(カ)3
  1:誤 →R(t)=e^(-λt)なのでR(0)=1、R(1)=0
  2:誤 →「MTBF」ではなく「MTTR」の説明
  3:正
  4:後 →「修理系」ではなく「非修理系」での話なので誤り
[装置の信頼性]
(キ)2、10.20 →故障率0.2[%/h]=1/MTBF⇒MTBF=500[h]、(MTBF/(MTBF+MTTR))=固有アベイラビリティ0.98⇒MTTR=(1-0.98)*500/0.98=10.2
(ク)3、174[時間] →装置A故障率:0.2[%/h]⇒0.002、装置B故障率:1/800⇒0.0025、装置C故障率:1/400⇒0.00125、Σ(故障率)=0.00575⇒MTBF=1/Σ(故障率)=1/0.00575≒174


問5
[ポートスキャンの概要]
(ア)3、pingコマンド
(イ)12、トランスポート
(ウ)8、TCP接続
(エ)10、TCP SYN
[情報システムの設計及び運用においてセキュリティ上配慮すべき事項]
(オ)2 →ソーシャルエンジニアリングではない
[パスワード解析手法及びパスワード認証]
(カ)8
  A:誤 →「オフライン」と「オンライン」の説明が逆
  B:誤 →辞書攻撃ではある程度意味のある文字列を試すため誤り
  C:誤 →ワンタイムパスワードは固定パスワードより安全性が「高い」
[抜き取り検査]
(キ)1
  1:正
  2:誤 →「生産者危険」と「消費者危険」の説明が逆
  3:誤 →第2サンプルは第1サンプルで不適合品がある場合に行う
  4:誤 →「なみ検査」ではなく「きつい検査」、なみ検査:工程平均とAQLが同水準の場合に行う、ゆるい検査:工程平均がAQLより高い場合に行う、きつい検査:工程平均がAQLより悪い場合に行う
[電気通信設備工事における建設業法に定める内容に基づく施工管理]
(ク)3
  1:誤 →「現場代理人」ではなく「管理技術者もしくは主任技術者」
  2:誤 →「主任技術者」ではなく「管理技術者」
  3:正
  4:誤 →口頭での承諾は不可

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445303015

この記事へのトラックバック